夢のテンピュール

わたしの肩こりがひどいのは、今使ってるピローやマットレスにも原因があるのではないかと
思うんです。
ピローは決して「自分に合ってる」とは言えないし、マットレスにいたっては旦那さんが
独身時代から使っていたもので、今ではかなりクタクタ・・・。
弾力性がほとんどなくて、身体を横たえるとなんだか身体が沈んじゃう感じ。

人生の1/3は眠ってるという人間にとって、ベッドとピローはかなり重要なアイテムだと
思うのですが、それを分かってくれないのが旦那さん。
必死に「思い切ってテンピュールにしようよ」と説得してるのですが、なにせ値段が値段なだけに
なかなか「いいよ」とは言ってくれません(旦那さんは肩こりなど気にしたことがないので、
肩こりとマットレスの関係は否定しています)。

「テンピュール」と言えば、全米満足度ナンバー1の低反発マットレス・ピローメーカー。
もともとはNASA(米国航空宇宙局)でロケット打ち上げ時の宇宙飛行士にかかる加速重力の
融和や、宇宙船内の座席を快適にするために開発された素材がテンピュールの始まりだそうです。

この特殊な素材はデンマークの工場によってピロー・マットレス・クッションなどに加工され、
今では世界70カ国以上で販売されるビッグブランドへと発展しました。

ちなみに現在テンピュールのマットレス&ピローで眠っている友達は、
「寝心地が良くてもう他のベッドでなんか寝られない!」と言っています。
毎晩ぐっする眠れるので、「目覚めもサイコー!」なのだとか。

と言っても実際にその寝心地を体験してみないと分からないので、とりあえず今度
テンピュールのピロー&マットレスを採用しているホテルに宿泊してみようと思います。
もちろん旦那さんも一緒に。
彼も実際に眠ってみれば、その心地よさの虜になるはず!

 

【お気に入りリンク】 新型クラウン

 

食べず嫌い

今まであずきを食べたことのなかったアメリカ人の友達に、先日小倉トーストを
食べさせてみました。
そしたら思いのほかおいしかったらしく、それ以来「あんこ好き」に。
今では大福やおはぎ、タイ焼きに大判焼きなどなど、あんこの入っている和菓子が
大好きになったそうです。

最初は「甘い味付けの豆」ってゆうのが想像もできなかったらしいのですが、
やっぱり「食べず嫌い」は損しますよねー。
もし食べないままでいたら、そのおいしさを一生理解することはなかったですよね。

そう言えばわたしも、小さい頃からセロリが大ッキライだったのですが、
これまたアメリカ人の友達が「レンチドレッシングに付けて食べるとおいしいよ」と
勧めてくれたので半信半疑で食べてみました。
そしたらそれがすごーくおいしくて、今では「セロリ大好き!」に。
最近はレンチドレッシングなしでも(いかんせんカロリーが凄まじく高いもので)
バリバリ食べています(笑)。

こうしてなにかキッカケがあれば、今まで食べたことのなかったものにトライできたり
するんですよね。

とは言えいくら「おいしいよ」って勧めても、やっぱり嫌われちゃうのが納豆・・・。
あの匂い、どうしても受け入れられないみたいですね。
「食べれるけど好きじゃない」って子が大多数で、少なくともわたしは「納豆大好き!」
ってゆう外国人にはいまだ会ったことはありません。

あと、お寿司も好き嫌いが分かれるところですね。
中には「生魚ダメ」って子もいるし。
そんな子は例えばカリフォルニアロールとかだったら食べるのですが、生の魚が乗った握りは
食べません。

日本人のわたしからすると、握りを食べないなら本当の意味での「寿司好き」とは
言えない気がするのですが。
だってカリフォルニアロールはアメリカの寿司であって日本のじゃないですものね。

 

© 2012 寝る前のつぶやき. All rights reserved.